fc2ブログ

    2006

03.11

夢の話

嬉しいお話が一つ。
寂しいお話が一つ。
そして、とても心に残ったお話が一つ。

ほんの小一時間ほどでしたが、今日はいつもにまして素晴らしい一時となりました。
初めて行った日と同じくらい、今日は忘れない日になるでしょう。

11月30日から、私は夢を見続けています。
この夢に、いつか終わりが来ることもあるでしょう。
時には悲しい色に染まったり、時には怒ったり、泣いたりすることもあるかも知れません。
笑ったり、嬉しかったり驚いたり。そんな毎日が過ごせることが、こんなに幸せなことだと思えるのであれば。
もう暫くは、この夢を見続けていこうと思います。

夢の欠片は、数多の心にきっと届くと思います。
そうして、人と人が出会い、輪が広がっていくことで。
羽を広げて待ってくれている、親鳥がいるこの場所で。
幸せの欠片が拾えたら、どんなに素晴らしいことだろうと思います。
出会ったもの、見たもの、聞いたもの、感じたもの。
それらは全て、あなた方にとっての大事な宝物だろうと思います。
胸を張って、この場所が好きだと言えることが。
私には、なにより素晴らしいことだと思えるのです。

いつか、この場所を卒業した皆さんに会うことがあれば。
もし、そうすることが許されるのであれば。
心からの「ありがとう」を、伝えたいと思います。
私は決して、立派な人間ではないけれど。
一つ一つの小さな思いと、ゆっくりと流れる温かな時間は。
他の誰でもない、あなた達がくれた時間だから。

夢の時間は、まだ続きます。
ゆったりとした、優しい速度で。
スポンサーサイト



メイド喫茶
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL