fc2ブログ

    2007

03.04

オークション

賛否両論あるでしょうけど。
あの服は、あの服だけは。
あるべき所へ、還してあげるべきです。

あれは、彼女達にしか持つ資格がない。
一年三ヶ月、ともに泣いたり笑ったりしたあの娘達の手へ。
一着でもいいから、どうか届きます様に。
スポンサーサイト



メイド喫茶
トラックバック(0)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

そうですね~
我々も傷ついているかもしれませんが彼女たちが一番傷ついているのではないでしょうか。
あれだけ突然の閉店のお知らせだったので彼女たちに差し上げてほしかったです。
まさかオークションになるとは思ってもみませんでしたよ。
いくつかはいろいろな要因でどなたの服かわかるはずです。
彼女たちに渡すことができればいいですね。

eternal:2007/03/04(日) 10:10:47 | URL | [編集]

私もこれにはがっかりしました・・・(--;)あのデザインのメイド服は結構ツボだったのに残念です・・・。

10日に福岡天神のお屋敷にお帰りするので、このことを天スタのメイド達に聞いてみますね・・・。

たかすけ:2007/03/04(日) 10:59:56 | URL | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2007/03/04(日) 12:04:04 | | [編集]

◎eternalさま
あの服は、色々な要因があって複数の人が着ているんですよ。
誰がどの服、ってのは厳密には無いのかもしれません。

オークションにでるのは、オークションが告知された時点で予想はしてました。
ビジネスと言う意味では、少しでも換金しておきたいという事なのでしょうが…

今の所好意的な反応は聞いていません。
まあ、ご主人様達は喜ぶでしょうが…
あの服に関わった人達に、恩が返せたら良いのですが。

◎たかすけさま
あの服が欲しければ、新品が通販で買えます。
アレが市販品だと言うことです。
そして、おそらくは減価償却されていたはずです。

欲しい人は、ぜひ新品を買って下さい。

そしてこのことは、経験が無いと分らないかもしれませんね。

ぱのじ:2007/03/04(日) 17:45:56 | URL | [編集]

 どなたが「主に」着ていた服か、ということになれば、
数着はいろいろな要因で容易に察しがつきますよね。

しかも、あの服は市販品なのですか。
試しにちょっと検索しただけで、それらしきものが出てきました。
ワーキングウェアとして作られたものではなくコスプレ衣装のようですね…。

あの服も店の備品の一部ではありますが、閉店したからといってもその扱いにあまりに心が無さ過ぎると思っています。

飛鳥丸:2007/03/04(日) 21:34:13 | URL | [編集]

この件については、僕もどうかと思いましたね…。
ぱのじさんと同じ意見で、やはり彼女らの手元に戻してやるのが一番だと思うし、それが適わないとしても、然るべき処置というのは、他にあるはずですよね。少なくとも公に売る必要はないはず。
非常に残念でなりません…。
しかし、一度、出品されたものに関しては、今更取り下げる訳にもいかないでしょうから、他店舗への反面教師となってくれれば不幸中の幸いです…。

なかなか、冷静にはなれないものですね…。

K:2007/03/05(月) 23:08:10 | URL | [編集]

こんなことを書くのゎ本当はいけなぃんでしょぅけど、書かせてくださぃ↓
メイド服がオークションにかけられていることをホームページを見て知りました(@_@;)正直とてもショックでした…私にとってたくさん思い出のつまった物でしたから。もちろんきっとそういう子は何人もいるんだろぅと思います(>_<)なんだか、とても淋しく見えました。思い出の品として落札したぃとすごく思いますが、それはきっと難しいんでしょうね…あのメイド服はどこにいってしまうのかなぁと考えてしまいます。こんなことを書いても仕方ないんでしょうけど、このやりきれない気持ちを知ってほしくて書き込みさせていただきました…ごめんなさぃm(__)m

(*・υ・*):2007/03/06(火) 01:24:12 | URL | [編集]

私一人では行動は起こせなかったかもしれない。
残念する心を目の当たりにしなければ、何もせずにすんだかもしれない。

でも、そうではなかったのです。

たかが一年三ヶ月。
されど一年三ヶ月。
それは予想を遥かに超える、大切な記憶のかけらだったのです。

私はSilkyという器が好きだったのではない。
そこにあった、空間や人達が好きだったのです。
それは貨幣に換算出来る価値の物ではない。
ただ、そこにしかない。
それを彩っていたのは、紛れも無く彼女達だった。
ただ、それだけの事なのです。

彼女達にとってもそうである様に、私にとっても、沢山思い出の詰まった物。
それがあまりにも重すぎるから、個人では所有したくないだけです。
本来のあるべき姿、あるべき場所へ。
二度と再現する事は不可能だけど。

出来る限りは、やってみようと思います。

ぱのじ:2007/03/06(火) 01:44:09 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL