fc2ブログ

    2006

11.22

いつか終わりが来るとしても

ここを読んでくれてるのかどうかは、私には分かりません。
でも、言葉を残す事は、きっと意味があるのだと思います。

一周年を前にして、あなたの帰るのを待ちわびている人がここにいます。
こっそり教えておきますが、あの臨時ノート、増量されたんですよ?(笑)
待ちわびている人達が、ノートに書き込みながら待ってるんです。

ゆっくりと過ぎて行く時間の中で、どれだけのことが出来るかは分かりません。
またお会いした時は、のんびりとお話出来たら嬉しいなって思います。

あなたは磨けばまだまだ輝きます。
一周年期間の間に、またお会い出来たら嬉しいのです。

その時まで、この空気の中で、待って見ようと思います。
スポンサーサイト



戯言
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL