fc2ブログ

    2006

08.06

灯籠流し

ヒロシマの一日が終わろうとしています。

今日は灯籠流しを見てきました。
夢中でシャッターを切る中、たくさんの御霊が、流れる、流れる。
灯籠流しは「行事」ではなく、「儀式」なのだと言うことを、忘れてはなりません。

今日、帰って来た御霊は、灯籠に乗って再び天に帰ります。
あの日、一瞬のうちに消えて行った多くの御霊が、今もなお天に還されるのです。

8月6日の出来事は、昔話ではないのです。
それは、今この瞬間にでも起こりうることだと言うことを、忘れてはなりません。
今日この日の出来事が、一日も早く「昔話」となれる日を。
そして、その記憶が永久に失われることの無いように。
原爆ドームと、平和公園と、太田川の流れを見つめながら、そう願いました。

地上から、悪魔の業火「核」が消える日を願いながら、今日一日が過ぎて行きます。
核を持つことは、決して正義たりえないことを。
そして、核は悲しみと憎しみを生み出す力しか無いことを。
どうか、忘れないでください。

心から、そう思います。
スポンサーサイト



街角から今日は
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

早く平和公園などを記憶すればよかった?

BlogPetのたま:2006/08/08(火) 17:24:54 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL